マイファミリー8話あらすじと感想/なんでこうなるのよー--!

マイファミリー

マイファミリー8話のあらすじと感想をまとめました。

気になってこの一週間、今までの回を夜な夜な見直ししてしまいました。

三輪(賀来賢人さん)が警察をだますシーン。

温人(二宮くん)たちと両親、捜査一課・葛城(玉木宏さん)との駆け引き。

鍋を囲む同級生四人の仲の良さが切なさにつながっていく今回の8話。

息をすることも忘れてしまう秒の一時間でした!

マイファミリー前話までのおさらい

ハルカナ・オンライン・ゲームズの社長・鳴沢温人と未知留(多部ちゃん)夫婦の娘・友果の誘拐事件解決から一年後。

同級生三輪の娘・優月の誘拐事件も解決し、優月も両親の元に戻ります。

犯人は、温人を交渉人とし、第三の誘拐、阿久津(松本幸四郎さん)の娘・実咲が連れ去られます。

警察の介入をことごとく排除しようとする温人に疑いの目を向け始める阿久津…。

ましてや、温人の会社の鈴間(藤間爽子さん)が誘拐事件に関わっていることが発覚。

温人や温人の周囲の者に不信感が増大していく阿久津夫妻。

温人は家に帰り、リビングのルーターに仕掛けられた盗聴器に気付きます。

温人の家に戻ってきた三輪と東堂(濱田岳さん)に、犯人は東堂だと告げ…。

マイファミリー8話あらすじ

「オレが誘拐した…。」

東堂の衝撃の告白に、言葉をなくし東堂を見つめる三人。

涙の貯まった未知留の苦渋の表情。

未知留は東堂の頬に激しい一撃をくらわし、誘拐の理由を答えさせようとします。

実咲の居所を尋ねる温人。

東堂は、自分と鈴間は犯人から命令を受けてやっていると答えます。

東堂をすぐにでも警察につき出そうとする三輪。

温人は、東堂から説明を聞きたいと臨戦態勢で向かい合います。

子どものためだったら、親は何だってする!

友果誘拐事件のあらましを語り始める東堂。

妻の妹の鈴間に協力依頼をしたこと。

手始めに、温人の生活を探るために、プログラマーの鈴間をハルカナに中途入社させます。

心春の誘拐事件は、東堂の妻=鈴間の姉狂言誘拐を警察から疑われました。

そのため、鈴間の姉は家を出て行ったきり、いまだに行方は知れません。

大事な姉のため、かわいい姪っ子を救うため。

鈴間は、東堂の指示に従います。

温人の家の合鍵は鈴間が作りました。

その鍵で東堂は温人の家の留守に侵入し、ルーターに盗聴器を仕掛けます。

友果と優月の誘拐

未知留と友果が喧嘩をし、友果が一人の所を見計らい、友果の誘拐を実行。

怖がっている友果を見て、自分も泣き出しそうな表情の東堂。

温人は東堂の予想通り、警察への通報をします。

切実な温人の声を盗聴する、東堂と鈴間。

身代金の受け渡しを失敗させることにも成功させました。

そして警察の介入を排除させることも成功。

クソだなと呟く三輪に、東堂は地獄の苦しみだったと呟きます。

友果が救出された後も、苦しむ友果の姿を見て、東堂は死にたくなったと…。

東堂は調査会社を立ち上げますが、情報はなしのつぶて。

ところが、程なくして、五年前と同じ非通知設定が東堂のスマホを揺らします!

心春を誘拐した犯人からの接触。

犯人は、東堂の暴露本を読んだことと、模倣犯であることを指摘してきます。

ブルブルと震える東堂。

心春は生きているという犯人からの声。

怒りや悲しみ、犯人接触の糸口を引き寄せられた一縷の希望。

心春を取り戻すためなら何でもすると東堂は犯人に懇願します。

犯人は、三輪の娘・優月を誘拐して、温人を交渉人にすることを指示してきます。

温人の5億円と三輪の5億円を合わせた10億円と心春を交換する、との条件付きで。

東堂は、人気のない商店街で優月を誘拐

新たな誘拐事件が始まりました。

東堂は、身代金の受け渡しの度に、本物の犯人を探し出すためきょろきょろと辺りを探していました。

ところが、優月の喘息の発作が出てしまい…。

鈴間は、喘息に苦しむ優月を見ていることが辛く、悲痛な声で、東堂にお願いします。

もう、こんなことやめよう、早くママのところに返してあげよう、と。

心春は生きている

10億円を手に入れた東堂は犯人からの次の連絡を待ちます。

心春のために、心春を救いたい一心で。

犯人は、温人の元に1億円をという次の指示を出します。

東堂はまだ、実咲の誘拐が行われていることを知りませんでした。

犯人からの命令は、東堂を受け子に指名。

受け子を断れば、実咲も心春も殺す、と。

鈴間が温人に見られてしまった時、温人をスタンガンで襲ったのも東堂でした。

実咲を誘拐した犯人こそが、心春を誘拐した犯人。

なぜ実咲の誘拐で、犯人は自ら出てくる必要があったのか。

三輪は、東堂の一連の話を聞き、東堂に詰め寄ります。

五年も心春がまだ生きていると思うのか!

そのために、優月や友果がどれほどの苦しみを与えられたのか!

東堂は、心春が生きているということを信じる。

そうしないと、心春が生まれてきたことすら消えてなくなってしまう。

心の内を温人や未知留、三輪にさらけ出します。

とうとう!友果誘拐から383日後の幕開け!

阿久津家を訪れる香菜子。

警察の捜査一課内での、吉乃一課長、葛城、日下部管理官。

事件の話をいったりきたりする中、葛城が受け取った電話は阿久津からのものでした。

東堂の事務所では、鈴間が一人、連絡が届かなくなった東堂を待ちます。

そこへ、温人、未知留、三輪、東堂と鈴間の五人が事務所に集まり、結託の意志を固めます。

東堂へ犯人からの電話が!

犯人の言い分は、警察の介入により、取引きは中止するというものでした。

実咲を殺すと冷淡に流れる音声。

実咲も心春も、二人とも返してほしいと絞り出す東堂。

犯人からの返答は、一人しか返せない、二人なら殺す。

選択を迫られ、東堂は追い詰められます。

震える手と、涙が溢れ出します。

東堂だけではなく、見ている私たちもです!!

心春は生きているのか?

東堂は再度犯人に尋ねました。

心春は生きているとの犯人の証言に、ホッとした表情を一瞬見せる東堂。

常に何かに怯えた表情をしていた東堂の、父親としての一面。

実咲の命か心春の命か…

東堂は、実咲を返して欲しいと犯人に取引きをします。

心春の無事を祈り止まず、なのに裏腹に心春が生きているわけがないと涙を堪える東堂。

五人は、犯人が指定した空き地に急ぎ向かいます。

温人に犯人からの連絡!

警察に通報したので、取引きは中止すると。

阿久津家には、香菜子とおびただしい数の警察の面々が連なっていました。

香菜子は、鈴間の情報を調べ、鈴間と東堂のつながりを知ってしまいます。

阿久津は独自のルートを使い、温人や東堂の動きを次々と探り当てていきました。

東堂と行動を共にしている温人。

温人のことが全く信じられなくなった阿久津夫妻は、警察への協力を依頼していたのでした。

実咲、救出?!

温人たち五人は、実咲が監禁されているであろう建物に辿り着きます。

警棒を片手に建物に入っていく東堂…。

ボルタリングで建物から逃げようとしていた実咲。

室内にいない実咲を探し、東堂は建物の窓の下を覗き込みます。

眼下には、頭から血を流し微動だにしない実咲の姿が!

落ちてしまったのか、落とされたのか…。

温人たちも建物の後ろに回り込み、実咲の姿を目にします。

しなだれる温人と、泣き叫ぶ未知留。

続々と警察たちも駆け付けてきました。

目つきも定まらない温人の腕を、葛城が連行するために持ち上げます。

マイファミリー8話感想

いつの間にか、親子でリアタイで毎週見てしまうここ数回。

見終わった後は、犯人考察が止まらなくなるため、小学生の娘は次の日寝坊決定。

子どもへの親の想いとか、普段親子ではなかなか恥ずかしくて話し出せない気持ちとか、寄り添い方とか、そういうものも得られるいいドラマだとつくづく感じてしまいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました