マイファミリー10話・最終回あらすじと感想/未来へつなぐ家族の想い

マイファミリー10話・最終回あらすじと感想/未来へつなぐ家族の想い マイファミリー

マイファミリー10話のあらすじと感想をまとめました。

終わってしまいましたね(涙)

素晴らしい脚本と、白熱の俳優さんたちの演技に圧倒される感覚が本当に心地良かったです。

見終わって、感謝の気持ちが生まれたドラマは人生初かもしれません!

マイファミリー前話までのおさらい

ハルカナ・オンライン・ゲームズの社長鳴沢温人(二宮くん)と未知留(多部ちゃん)の娘・友果が誘拐されました。

警察の介入なしで無事救出に成功した一年後、同じように、同級生三輪(賀来賢人さん)の娘・優月も誘拐されてしまいます。

なんとか優月も無事戻ってきたものの、次はまた阿久津(松本幸四郎さん)の娘の実咲も誘拐されてしまいました。

実咲は、母親の心臓を心配し監禁場所から逃走しようとして建物から落下し、意識がまだ回復していません。

事の発端は、五年前、東堂(濱田岳さん)の娘・心春が誘拐され、まだ戻ってきていないことに遡ります。

心春を取り戻したい一心で、友果と優月の誘拐を企てた東堂は、心春と実咲誘拐の真犯人に利用されるように動かされて…。

マイファミリー10話あらすじ

東堂はいまだ逃走中。

逃げている東堂を思い、温人は、東堂が犯人にはめられたと怒りをいだきます。

捜査一課内では、日下部管理官(迫田孝也さん)が、東堂確保に向けて士気を上げていました。

タブレットの中に真犯人の手がかりが隠されていることを知り、ざわつく警察官内部。

そのタブレットの心春ファイルを見て真実を知った未知留は、何者かに誘拐されてしまいます。

温人が家に戻ると、犯人から連絡がきました。

東堂と未知留を交換するという条件を出す犯人。

犯人は、勝手口で梅木(那須くん)が倒れていることを温人に教えます。

そしてまたそれも、温人のせいにしようとほのめかす犯人の手口。

葛城への信用

温人は葛城(玉木宏さん)に今の状況の全てを打ち明けました。

葛城と温人の強いパイプが出来てきたことが、今までにない展開。

葛城をどこまで信じていいのか、ドキドキさせられますよね。

ハルカナでは、香菜子(髙橋メアリージュンさん)と備前(渡辺邦斗さん)が、温人の社長解任計画の準備を進めていました。

温人はやつれきった表情ながらも、闘志のみなぎった目で、未知留のために動き始めます。

温人の家には日下部達が集まり、日下部の命令により単独行動に出た梅木の件が明るみになります。

日下部に食って掛かる葛城の姿。

そこへ、友果が学校から帰宅します。

葛城は日下部から離れ、友果にそっと「犯人は警察の人間」と書いた名刺を渡します。

三輪の協力

温人は、三輪に連絡を取りました。

次こそは三輪も逮捕されてしまうと三輪のことを心配する元妻。

なんとか三輪を止めようとする元妻とのやり取りの最中、優月が三輪の元に駆け寄ります。

困っている人を助けるパパがかっこいいと、優月は三輪の本心を後押ししてくれるのでした。

温人が警察にケガを追わせ逃走中のニュースが流れ始めます。

雑踏の中、そのニュースを知る東堂。

その時、温人から東堂の元に「全員集合、ノックは5回」の伝言が届きます。

学生時代からの、四人だけの暗号。

一年前、友果誘拐事件で東堂が温人の家の裏口にやってきたとき、東堂は裏口を5回ノックしていました。

家族を信じるということ

三輪が出してくれた車の中で温人は香菜子に連絡をします。

自分をハルカナから解任してくれるよう、会社と自分の関係を断ち会社の名前も変えてほしいと、断腸の思いで伝えました。

会社という家族を守るために、香菜子も覚悟を決めます。

東堂が合流し、三人が揃います。

一方捜査一課では、日下部が、温人と東堂の逮捕にギラギラと闘志を燃やしていました。

実咲の通信履歴を確認する葛城。

一課長の吉乃(サンドウィッチマン・富澤さん)が葛城に声を掛けます。

警察内部を疑っているのかと問う吉乃。

家族を疑うことは気持ちがいいものではないと呟き、吉乃は、葛城をこの捜査から外すことを言い渡します。

そして温人は、母親に電話を掛けました。

温人のことを信じると優しさと強さのこもった声で温人に語りかけます。

母親のお店の入口には、犯罪者、消えろ、クズ社長…等の落書きがあちらこちらに書き殴られていました。

ついに対峙、真犯人

犯人から指示のあった川原。

温人と三輪と東堂の三人は、犯人からの指示通り、東堂を縛り黒いゴミ袋を被せます。

東堂にスタンガンを施せという犯人からの指示に躊躇する温人。

友果と優月の誘拐を懺悔するという東堂の想いを汲み取り、温人は東堂にスタンガンを当てます。

温人と三輪はそのまま東堂を川原に置き、未知留奪還へ。

犯人に指示された場所に辿り着きますが、未知留はそこには見当たらず「探さないでください」の置き手紙が残されていました。

同時に、犯人からのメッセージが犯行を自白し始めます。

五年前の心春の誘拐事件が、心春の狂言誘拐だったこと。

その頃、東堂が不倫をしていてその相手が未知留だったことを告げます。

犯人の声は、東堂の妻の亜希だと名乗るのでした。

夫の不倫現場の写真を収め、娘と二人で狂言誘拐を仕掛け、今は、心春と暮らしていると。

自分の家族は、未知留に壊された。

そして、未知留も、自分と同じように温人の元から逃げたと語る犯人の声。

温人は真偽について複雑な思いでそれらの言葉を聞いていました。

真実を見極めろ!

縛られたままの東堂と未知留の前に吉乃が立っています。

東堂と未知留を殺し、温人には偽の証言の証言者になってもらう。

吉乃は未知留を殺そうと襲い掛かってきます。

必死で止める東堂、でも、身動きが取れず未知留を助けることができません!

そこへ、温人が部屋を探り当て入ってきました。

吉乃は驚きを隠せず、動揺を見せます。

温人は三輪と別行動をしていたことを吉乃に伝えます。

三輪が、吉乃が仕掛けた別の場所で、偽の未知留からの手紙を録画し温人に送り続けていたのでした。

温人の後から、心強い葛城の後ろ盾が入ってきました。

一昨日、タブレットに反応していた吉乃に違和感を感じ、実咲の通信履歴を確認した葛城。

実咲が誘拐される前に、吉乃が実咲と接触していたことから、葛城は吉乃が犯人だと確信を得ていたこと。

日下部と裏で手を組み、吉乃の位置情報を探り当て、温人の気持ちも鑑み吉乃の居場所に温人と共に駆け付けたこと。

真犯人の吉乃が連行され、葛城に深々と頭を下げる温人。

心春はどこだと枯れ切らない涙を流しながら吉乃に喰らいかかる東堂。

そんな東堂を葛城が必死で止めていました。

葛城と日下部が二人で、事件解決の顛末を重苦しい表情で語り合います。

香菜子が温人解任のための記者会見を始めようとした時、温人の無実の速報が流れ込みます。

今まで全ての物ごとに冷静に対処していた香菜子が、喜びのあまりあたふたした対応の記者会見になっていました。

同じ頃、実咲の意識が回復します。

事件解決三週間後とこれから

葛城は、吉乃と東堂亜希の不倫、心春が提案した誘拐事件のいきさつを温人に説明していました。

心春から不倫現場の証拠写真を突きつけられたこと、偽装誘拐を頼まれた話、心春から証拠を奪おうとして誤って心春を階段から落としてしまった真実を、温人に説明します。

「決めるのは私です」犯人がよく口にしていたセリフは、心春の言葉でした。

実咲が心春の事件と吉乃のことに勘付いたため、吉乃が新たに招いたさらなる誘拐事件。

三輪は行方知れずだった東堂の元妻を連れ、東堂と面会をします。

亜希は東堂に、心春に会えたと何度も何度もうなずきながら報告しました。

未知留は無事元気な男の子を産み、家族の仲が深まっていく鳴沢家、そして三輪家。

たぶん、これから再生の道を進むであろう東堂家。

明るい未来を期待します。

マイファミリー10話感想

毎週、先の展開が全く読めない終わり方と次回予告に、月曜日から日曜日まであれこれ考えに考え、ヘロヘロになっていた四月からの三か月間、悪くなかったなぁ。

最期は、温かいファミリーの面々に、心春の残したものについて深く考えさせられました。

「小学一年生の時に遠足で行った場所」を子どもと共に、いつまでも振り返りたいなと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました