正直不動産8話あらすじと感想/正直者はバカを見ない!!

正直不動産

正直不動産8話のあらすじと感想をまとめました。

桐山(市原隼人さん)の雰囲気にメロメロしちゃいます!

多くを語らない桐山、ペラペラ永瀬との対比!

どちらの魅力も引き出し、引き上がり中!

正直不動産前話までのおさらい

嘘ばかり付いていた登坂不動産の永瀬財地(山P)は、地鎮祭でほこらを壊してしまった神さまのたたりにより、嘘の付けない体になってしまいました。

トップにいた営業成績はみるみる下がります。

ところが少しずつ、正直な永瀬の姿勢に感謝するお客さまも増えていきます。

正直者として成長していく永瀬

周囲の人々も、今までとは違う魅力を永瀬に感じていくのでした。

正直不動産8話「信じること」のあらすじ

不動産協会の懇親会に出席する永瀬と月下。

投資家、銀行関係、不動産コンサル、地主などが多く集まっています。

永瀬は知り合いを通して、 相談を持ち掛けられます。

ミネルヴァ不動産に押され気味の昨今の登坂不動産。

月下(福原遥さん)は、永瀬に言われた通り、手当たりしだいに名刺を配っていました。

たまたま配ろうとした相手が桐山!

あきれた顔で月下を見つめますが、どこか優し気な表情です。

桐山は、登坂不動産を辞めた後、個人で不動産ブローカーをやっていました。

高い信用度で取引きをするステータスの高いブローカーでした。

300坪の土地の売却を依頼するけやき野興業

登坂不動産に戻り、社長と部長に永瀬は依頼の話をします。

けやき野興業の300坪、5億の土地の売却の仲介の案件でした。

社長は永瀬に、この話を信じていいのかと問い掛けます。

信じられると答える永瀬に、社長は、永瀬を信じると強い視線で見つめ返します。

月下は、部長のご指導の元、お客さまの心をつかむための手土産探しに奔走!(笑)

月下が用意した上野の有名な豆大福を持参し、けやき野興業の酒井専務、酒井取締役に挨拶に出向きます。

つぶあんの美味しさについて、月下に熱く語る酒井専務。

会社をたたむに当たっての、土地売買、資産整理。

社長である父親は体を壊して入院中。

倉庫であった300坪の土地の固定資産税と借金返済のためだと語る専務。

きれいごとを並べる専務や取締役に、永瀬はまたまた口走ってしまいます。

売れるものは売って、赤字のまま会社をたたみ、債権者には泣いてもらおうの魂胆だろう!

スーツの襟元や靴下をいじる酒井専務や酒井取締役…。

ご機嫌の永瀬♪

けやき野興業の5億の土地は登坂不動産がゲットしたも同然!

永瀬は月下をディナーに誘います。

月下は泣く泣く断り、突然のメールの呼び出しにいそいそと帰ってしまいます。

いつもの居酒屋で、こそこそと密会する月下と光友銀行の美波さん(泉里香さん)。

美波さんはいきなりの直球で、月下に、永瀬のことをどう思っているのかを尋ねます。

男性としては見ていないと言う月下に、美波さんの永瀬を狙います宣言!

月下に自分の恋愛のための協力要請と情報収集を依頼する美波さん!

同じ頃、ほんのりと薄暗いバーで一人お酒を飲む永瀬。

隣にマダム(大地真央さん)が座ります。

永瀬は、登坂社長の過去の話を聞きます。

社長は若い頃、業界最大手の不動産屋に勤めていました

マダムがクラブで働いていた頃、若かりし登坂は会社の常連さんや仲間を連れてお店に通ってくれていたこと。

マダムは、過去にはいろいろあった、と呟きます。

いろいろ?

尋ねる永瀬に、艶っぽく秘密にするマダム。

次の日、月下の永瀬情報収集が始まります。

身長や体重などを次々に聞かれ、どこのタワマンに住んでいるのかとの問いにたじろぐ永瀬…。

けやき野興業との交渉

永瀬の提示した金額に不満な様子で態度ががらりと変わる酒井専務と取締役。

ミネルヴァ不動産からの高めの金額を引き合いに出して一気に強気の姿勢。

月下は直帰の道ばたで、ミネルヴァ不動産の小さい男の子を連れた花澤(倉科カナさん)を見かけます。

悪徳不動産のミネルヴァ不動産なんか辞めて登坂不動産へ来てみてはとうかがいます。

月下の真っ直ぐな優しさに、一瞬考える花澤ですが…。

自分のためにミネルヴァ不動産を辞める気はないと振り切ります。

けやき野興業と二回目の価格交渉の日。

手付金の支払い金額を上げ、決済も超スピードの相手にとっての好条件を持ち掛けます。

けやき野興業は態度を一変し、契約手続きを結びます。

その様子に何かぬぐい切れない違和感を感じる永瀬…。

永瀬は桐山を呼び出し、けやき野興業の心の中の引っ掛かりを率直に相談します。

桐山は、ツンデレ対応ながらも、似合わないスーツを着ている人たちとは仕事をしたくないと一言。

その一言をヒントに、大手デベロッパー(土地や街の開発業者)をもだます詐欺師集団、地面師なのではないかと疑い始める永瀬。

不安の芽を摘み取りたいと手を尽くす永瀬と月下。

手付金の入金を急かすけやき野興業から電話がきます。

永瀬はついに正面切って、酒井兄弟が本当は地面師なのではないか!と叫んでしまいます…!

たぬきの皮算用で嘆く部長

けやき野興業にもう一度謝罪に向かわされた永瀬と月下。

もぬけの殻の事務所に驚きます。

地面師グループが逮捕されたニュース。

永瀬が地面師に面と向かって啖呵を切ったことに、社長は、自分の昔の苦さを思い出します。

永瀬はマダムから、若き登坂社長が地面師にだまされた会社の尻ぬぐいをさせられた話を教えてもらいます…。

夜も遅く、その足で社長室を訪れた永瀬。

人を信じるということは、その相手に全てを掛ける。

掛けるということは掛けた自分にも責任はある。

今回の件で、永瀬のことを信じた社長。

永瀬がもしだまされていたとしたら、永瀬を信じた自分が責任を取るつもりでいたと社長の本心を聞きます。

その言葉に、永瀬は、登坂不動産を世界一の不動産屋にしてみせると宣言します。

嘘を付けない人間の、嘘ではない発言でした!

永瀬は帰宅後、遠くに輝くタワマンを見あげながらのカップ麺。

風呂の道具を持ってボロアパートを出た永瀬をつかまえる美波さん!

永瀬は美波さんの手を取り伝えます。

二人だけの秘密にして欲しいと…。

正直不動産8話の感想

人と人との関わり合いの大切さを毎回毎回、改めて問われ考えさせられ、感動します。

噓がつけない永瀬を最初は面白おかしく見ていただけだったのに…。

すっかり板についた永瀬の正直な態度がみるみるうちに魅力でしかない!

残り2回とは寂しいかぎりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました