正直不動産7話あらすじと感想/山Pに悶絶!!

正直不動産

正直不動産7話あらすじと感想をまとめました。

素敵なエピソードが一気に進み、永瀬(山P)や部長(シソンヌ・長谷川忍さん)の過去にもしんみり…。

永瀬はじめ、周りのキャラ立ちがしっかりされていて、どの人物にも愛着しか感じません。

永瀬の毒のある正直節が、どんどん魅力節へと変わっていく…心地よさに酔いしれます!

正直不動産前話までの簡単おさらい

ライアー永瀬と呼ばれるほど、嘘偽りで塗り固めた営業トークを繰り広げていた永瀬。

地鎮祭で壊してしまったほこらの神様のたたりにより、全く嘘がつけない体になってしまいます。

思うような営業トークが出来ず、営業成績がみるみる落ちていく永瀬。

永瀬は、少しずつ正直トークを自分の物にしていき、お客様の心に寄り添った営業ができるように成長していきます。

正直不動産7話「過去の自分と今の自分」

桐山(市原隼人さん)が登坂不動産を去ってしまい、どこか心もとなさを感じている永瀬。

永瀬が一時期疑っていた、桐山がミネルヴァ不動産のスパイだった説。

社長(草刈正雄さん)から、営業成績の振るわなかった中島営業課長の仕業だったと報告されます。

ミネルヴァ不動産の鵤社長(高橋克典さん)からお金をもらい、情報を流していた中島営業課長。

永瀬は新しい営業課長が決まるまでの、課長代理に任命されます。

課長代理としての永瀬の仕事は多い…。

書類の大量確認に、電話、接客。

自分の仕事になかなか着手できません!

3階建ての賃貸併用住宅を購入した松永さん

半年前、メリットと希望的観測だけを強調した永瀬のエグい販売で購入した物件。

駅から遠すぎて、賃貸物件の借り手も付かず詐欺だと永瀬に文句を言いに来ました。

だました心当たりがあると正直に話してしまう永瀬。

松永さんと永瀬のひと悶着、ふた悶着は一向に収まる様子が見られません!

部長の過去

月下(福原遥さん)と部長は商談帰りのカフェでパフェを食べています。

部長に失礼発言を連発する月下!

やりとりがめちゃめちゃ面白い!

面白い上に、スカッと!

部長の心にぐさぐさ突き刺す天然・月下節!

部長は月下に自分の過去を振り返り語ります。

ワルだった時代、登坂社長に拾ってもらったというエピソード。

登坂社長、どんだけいい人!

月下は、部長の過去話から、永瀬の過去話が気になります。

部長は、永瀬がやってきた暗黒営業スタイルを次々並べ立てます。

自宅売却の相談のための藤崎夫妻

光友銀行の美波さん(泉里香さん)に同行を頼まれた永瀬。

ご主人は、老後の資金のために自宅の売却を考えていました。

奥さんの方は売却にあまり乗り気ではない様子。

藤崎夫妻の一人娘は、国分寺のマンションに家族で住んでいます。

永瀬は売却のプロとして、自宅売却のメリットデメリットを挙げます。

美波さんは永瀬の話の流れをうまく利用します。

銀行のキラキラ長寿というリバースモーゲージ型住宅ローンというプランを提案します。

リバースモーゲージ(金融商品)の自宅を担保に融資を受け、そのまま住み続けられるシステム。

愛着ある自宅に住みながら、融資も受けられるプラン。

永瀬は、美波さんが自分を利用していることを知ります(笑)

永瀬と美波さんの水面下でのバチバチ!

永瀬は、美波さんの提案するプランが、メリットしか説明していないとペラペラとリスクを忠告します。

長生きすればするほど、借金が増えていくこと。

長生きすると担保である自宅を失う可能性もあること。

娘と孫が訪ねて来ました。

庭の砂場で遊ぶ孫と奥さんと、考えさせて欲しいというご主人。

帰り道、美波さんは自分のプランをハチャメチャにした永瀬に秋田弁で怒りをぶつけます!

怒りが収まらないいつもの居酒屋での美波さん。

それに付き合う月下。

永瀬のことを、バカ正直ではなく、正直なバカだと叫び上げます!

居酒屋のご主人は、永瀬のことを昔から知っていました。

永瀬の過去

14年前、登坂社長に永瀬は助けられます。

永瀬が父親の物件の売却で悪徳不動産屋とやりとりをしている電話。

登坂社長はその電話をたまたま耳にし永瀬に声を掛けます。

自分も社長のような不動産屋になりたいとキラキラした目で決意表明をする若かりし永瀬。

必死で勉強し、宅建、ファイナンシャルプランナー、住宅ローンアドバイザーの資格を取ります。

登坂不動産への就職が決まります!

その頃の永瀬のことを思い出している登坂社長。

いつものバーで社長と二人で飲んでいたマダム(大地真央さん)は、心ここにあらずな社長に拗ねてしまいます。

ミネルヴァ不動産に乗り換えると社長に冗談めかします。

鵤社長と登坂社長の過去の出来事をしんみり思い出している二人。

嘘ばかりついていた自分がいやになったと月下に愚痴る永瀬。

貧乏で正直者の親の苦労を見て育ち、自分はお金に苦労したくないと思っていました。

営業トップの人を完コピして学び、心理学、マーケティング、詐欺まがいなことも勉強しました。

でも、営業トップにはなれないまま…。

永瀬は、客を人だと思わない、客に感情移入しないようにすることに徹していきます。

心が痛むことがなくなり、永瀬は営業成績1位の座に君臨するようになりました。

幸せの形は人それぞれ

藤崎家では、庭に作られた特設の砂場で遊ぶ孫と藤崎さんの奥さん。

やってきた永瀬と美波さんに、ご主人は自宅売却の決意をしたと話をします。

永瀬は、心の中でガッツポーズをします!

しかし、永瀬の正直な気持ちは裏腹…。

永瀬は、壁に張ってある孫の絵を眺め…。

藤崎夫妻がアレルギーのある孫のために作った砂場にも目をやります。

奥さんのため、孫のため、この家を売るべきではない!と永瀬は言い切ってしまいます。

不動産屋は物件を右から左に仲介しているだけではない。

家を通じて客の人生を豊かにすることだと宣言する永瀬。

数日後、営業に出掛けようとする永瀬を全速力で走ってきた美波さんがつかまえます。

やはり自宅を売却する決意をしたとさっぱりした顔で登坂不動産を訪れてきた藤崎夫妻。

今回の家の売却の件で、親子で話し合いが出来たこと。

藤崎さんの奥さんは、共働きで娘にいつも寂しい思いをさせていたと思っていました。

ところが娘としては一度もそんな風に思ったことはなかったと両親に伝えます。

自宅を売却し、孫の近くに住み孫の成長を見守りたい。

永瀬の仕事っぷりを温かく見守る、部長と美波さんがいました。

帰り際、美波さんは永瀬に、とびっきりの笑顔を向けます。

きょとんとしている永瀬(笑)

今日も松永さんはまだ怒り顔でやってきました。

過去は変えられない、今できることに誠意ある対応をするという姿勢の永瀬と月下。

松永さんは安堵の表情をします。

正直不動産7話あらすじと感想/山Pに悶絶!!まとめ

ますます魅力ある男へと成長していく永瀬。

見ていて楽しい要素も回を重ねるごとに増えていき、しんみりさせられ、ニヤニヤさせられた7話でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました