RACAL(ラカル)

RACAL/ラカル

2003年A/Wシーズンより活動をスタートした日本のヘッドウェアブランド。一貫したベースコンセプト『被ってみたくなる帽子』を根底に掲げ高いクオリティのプロダクトを毎シーズン展開し続けています。2009年秋には旗艦店“Ray’s Store“を高感度な人々が集う中目黒の地へオープン。ファッションに敏感な若者達を中心に話題を集め、瞬く間に注目の的となり、時期を同じくして大手セレクトショップでの取扱いや有名ブランドとの別注企画で認知度を更に高め“Racal”というネームを一気に全国区へと広めた。また、活動の幅は現在も拡張し続けており雑誌、WEB、TV等多数のメディア媒体で紹介され、ヘッドウェアブランドとして不動の地位を築く。